2016年12月26日

介護職2年目発表会

寒さを身にしみて感じる時期となりました

こんにちは 鶴岡協立リハビリテーション病院看護部です


12月14日に介護職のナラティブ・退院時訪問発表会を行いました。

病棟介護職からは、ナラティブ発表で、忘れられないケア場面を通して学んだこと、

介護職として大切にしていること等の報告があり、対応力や危機管理の重要性について

学びを深め、業務の振り返りができました。


デイケア室介護職からは、利用開始時の訪問に同行をして、自宅での過ごし方や環境の

把握を行い、デイケア利用時のアプローチに活かした事例について報告がありました。

改めて一人ひとり望む生活が違うことを実感し、その人らしい生活が実現できるよう

支援していことの大事さを学ぶことができました。


2年目介護職としての成長を感じる発表会となりました。今後も様々な経験を通し

感性を高め、「患者様・利用者様の立場にたった介護とは」を追求していきましょう

         ディケア室 阿部


004.JPG002.JPG







posted by 鶴岡協立リハビリテーション病院 at 10:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする